健康管理・産業保健

増補版 日本で一番やさしい職場のストレスチェック制度の参考書

カテゴリー ー 健康管理・産業保健
著者 石見 忠士 著
編者/編著者/編集
監修
発行 労働調査会
発行日 2016-07-29
判型/頁数 A5判/148頁
本体価格 800円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-573-8 C2030
備考
制作
現在庫: 在庫有り

特設サイト:http://www.chosakai.ne.jp/books/301490/

要約

平成27年12月から施行されたストレスチェック制度。中小企業でもこの1冊でストレスチェック制度がざっくりわかる1冊です。
厚生労働省の「ストレスチェック制度の実施マニュアル」(平成28年4月改訂)と「ストレスチェック指針」(平成27年11月改訂)に準拠した増補版!
ストレスチェック票や実施規程例、実施報告書などの様式集も収録。

目次

はじめに

[第1章] ストレスチェック制度のポイント
ポイント1
ポイント2
ポイント3
ポイント4
ポイント5
ポイント6
ポイント7

[第2章] 図でわかるストレスチェック制度
1.一般的な流れ
2.企業タイプ別対応
3.外部委託機関の選定

[第3章] ストレスチェック制度の内容
1.実施前
①事業者による方針の表明
②衛生委員会での調査審議・確認
③労働者に対する不利益取扱いの防止
2.実施方法
①全体
②選任
 1)実施者
 2)実施事務従事者
③役割
 1)実施者
 2)事務従事者
 3)事業者
 ④外部機関への委託に関する留意事項
3.調査票と結果の評価(ステップ1)
①基本事項
 1) ストレスチェックの定義
 2) 結果の評価方法
②57項目版(職業性ストレス簡易調査票)
 1)調査票
 2)結果の評価方法
③23項目版(職業性ストレス簡易調査票の簡略版)
 1)調査票
 2)結果の評価方法
4.実施後(ステップ2)
 ①労働者本人への結果の通知
 ②事業者に提供する際の労働者の同意の取得方法
 ③実施者から事業者への結果提供方法
 ④結果の保存
 ⑤行政への報告
5. 医師による面接指導(ステップ3)
①実施者等による事後対応
 ②面接指導時の医師の確認事項
 ③事業場側の対応
6.その他
 ①通常の産業保健活動としての相談窓口・体制の整備(ステップ4)
 ②派遣労働者に関する留意事項
 ③集団分析と職場環境の改善

[第4章]個別相談窓口のご紹介
1.企業側担当者の相談窓口
2.高ストレス等従業員への紹介相談窓口(ステップ5)

[第5章] ストレスチェック制度活用好事例
1.事例①:常勤保健師による事例
2.事例②:一般定期健康診断と合わせて実施した事例
3.事例③:総務部門担当者を中心とした事例
4.事例④:健診機関に委託した事例

[第6章] あとがきに代えて

[巻末資料]
●法令・規則・指針(抄)
●マニュアルに記載されている文書例など収録

カテゴリー