健康管理・産業保健

健康に働くこととは―企業が取り組む健康管理―

カテゴリー ー 健康管理・産業保健
著者
編者/編著者/編集 労働衛生コンサルタント事務所オークス所長 竹田 透 著
監修
発行 労働調査会
発行日 2008-10-20
判型/頁数 B5判/136頁
本体価格 1,400円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-059-7
備考
制作
現在庫: 在庫無し
買物かごへ入れる

要約

企業の健康管理の実務で遭遇する事例をもとに、労働衛生コンサルタントとしてどのように考え、どのように取り組んでいるか、その真髄を書き下ろした力作。コンサルティングの実務のポイントについても解説するとともに、特定健診・特定保健指導と産業保健活動も盛り込んでいる。労働衛生コンサルタント、産業保健担当者、人事・労務担当者にとっては企業における産業保健活動の進め方に関する指針となる1冊。

【目次】

第1章  産業保健活動のコンサルティング

1  働く人の健康管理と産業保健コンサルティング
2  産業保健コンサルティングの実際
3  産業保健コンサルティングの活用

第2章 働くことと健康と

1 働くということ~自己紹介を兼ねて~
2 多様化する就業形態
3 女性の健康と労働
4 過重労働・メンタルヘルス対策[1]
5 過重労働・メンタルヘルス対策[2]
6 反マニュアル主義の勧め
7 高まる地産保への期待
8 クールビズと室内温度環境
9 メンタルヘルスと復職
10 健康診断結果の活用
11 職場巡視
12 産業保健のアウトソーシング
13 “産業保健”とは何か
14 健康とは何か?
15 働くこととは何か?(労働の意味と労働の多様化)
16 改めて反マニュアル主義を考える
17 自律的健康管理と保健指導[1]「自律とは何か?」
18 自律的健康管理と保健指導[2]「パーソンセンタードアプローチと健康概念」
19 自律的健康管理と保健指導[3]「自律的健康管理のサポート方法」
20 過重労働と健康(なぜ働きすぎるのか?)
21 メンタルヘルス対策はなぜ進まないのか?
22 特定健診・特定保健指導と産業保健
23 産業保健活動の評価
24 連載の終わりにあたって

第3章 特定健診・特定保健指導と産業保健活動

1 特定健康診査・特定保健指導を実施する背景
2 企業における取り組み
3 産業保健スタッフは何をすれば良いのか
4 終わりに

カテゴリー