新刊のご案内

改訂2版 送り出し・新規入場者教育共通テキスト

カテゴリー ー 新刊のご案内
著者
編者/編著者/編集 建設労務安全研究会「送り出し・新規入場者教育」共通テキスト 製作委員会
監修
発行 労働調査会
発行日 2022-06-30
判型/頁数 A4判/112頁
価格 1,650円(税抜価格1,500円)
送料 【1部 330円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-934-7
備考
制作
現在庫: 在庫有り

要約

建設業では、現場に新たに労働者が入場する際、元請が主体となって「新規入場者教育」を実施し、
工事内容や現場の特徴、基本ルールなどを教育してきました。しかし、近年では、労働者を現場に
送り出す協力業者に対し、事前に入場予定の現場の特徴や安全ルールなどを教育する「送り出し教
育」の実施を求めています。
本書は、これら二つの教育に活用できる内容となっており、最新の安全衛生に対応した改訂2版です。
全編にイラストを多用し、現場経験の浅い作業員にも分かりやすい内容となっており、さまざまな現
場の教育に使用できます。

【 目 次 】

はじめに

■建設業の労働災害の動向と課題
建設業の労働災害の状況や特徴、傾向
建設業が抱える課題
■労働災害の発生による会社や現場などへのさまざまな影響
企業の四重責任
労働災害がもたらす社会的損失
労働災害が発生した際の対応
■「送り出し教育」と「新規入場者教育」
送り出し教育と新規入場者教育の意義と役割
送り出し教育とは
新規入場者教育とは

■基本編
「送り出し教育」と「新規入場者教育」で教育すべき内容
・現場の安全衛生管理の仕組み(統括管理とは)
・労働者の遵守義務
・職長会
・安全施工サイクル(現場での安全の流れ)
・作業手順
・リスクアセスメント
・労災かくしの排除
・KY活動(危険予知活動)
・不安全行動とヒューマンエラー
・ヒヤリ・ハットと災害防止
・作業改善の意義と進め方
・安全一声かけ運動
・熱中症
・作業に必要な資格等(就業制限業務)
・健康管理
・保護具等の正しい取扱い

■作業編
・作業床上での作業
・開口部付近での作業
・可搬式作業台を使用した作業
・脚立を使用した作業
・移動はしごを使用した作業
・移動足場(ローリングタワー)を使用した作業
・ドラグ・ショベル付近での作業
・移動式クレーンの付近での作業
・明かり掘削作業
・高所作業車を使用した作業
・重量物の取扱い作業
・分電盤の取扱い
・携帯用丸のこ盤を使用した作業
・グラインダーを使用した作業
・高速カッターを使用した作業
・有機溶剤作業
・酸欠危険作業
・アスベスト(石綿)除去作業
・整理、整頓、清潔、清掃(4S)の保持
・交通事故の防止

■災害事例
墜落・転落①  墜落・転落②
墜落・転落③  墜落・転落④
墜落・転落⑤  墜落・転落⑥
墜落・転落⑦  墜落・転落⑧
重機①  重機②  重機③
土砂崩壊①  土砂崩壊②
その他①/丸のこ盤
その他②/ディスクサンダー
その他③/ガソリン発電機

カテゴリー