安全衛生-シリーズ

すぐに使える リスクアセスメントの進め方[実践編]

カテゴリー ー 安全衛生-シリーズ
著者
編者/編著者/編集 労働安全・衛生コンサルタント/増本清・増本直樹 著
監修
発行 労働調査会
発行日 2008-06-30
判型/頁数 B5/180頁
本体価格 1円
送料 【1部 220円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-035-1
備考
制作
現在庫: 在庫有り

■ページサンプルはこちら

要約

本書では、リスクアセスメントの新手法の実施要領を現場向きに解説し、そのまま使用できる書式フォーマットやチェックシートとして独自に加工。あらゆる事業場での実践マニュアル書としての最適なノウハウを満載した 。

【目次】

1.安全衛生管理の基本

 (1)職場の負傷や疾病の現状
 (2)発生原因と防止対策
 (3)安全衛生管理の基本

2.リスクアセスメントについて

 (1)リスクアセスメントの歴史的背景
 (2)リスクアセスメントの主軸
 (3)リスクアセスメントの実施時期

3.リスクアセスメントのすすめ方

 (1)リスクアセスメント実施の準備
 (2)リスクアセスメントの実施

4.リスクアセスメントの実施事例

 実施事例A 金属製品製造
 実施事例B 化学製品製造
 実施事例C コンクリート製品製造
 実施事例D 建設機械部品製造
 実施事例E 鋳物製品製造
 実施事例F 食料品製造

5.作業環境のリスクアセスメント

 (1)健康に影響する環境因子の種類
 (2)粉じんのリスクアセスメント
 (3)有機溶剤のリスクアセスメント
 (4)騒音のリスクアセスメント
 (5)振動のリスクアセスメント
 (6)温熱のリスクアセスメント
 (7)化学物質のリスクアセスメント

6.リスクアセスメントの書式フォーマット集

 (1)危険、有害性の設定に関するもの
 (2)リスクの見積もりに関するもの
 (3)リスク低減措置の検討及び実施

7.リスクアセスメントのチェックシート

 (1)チェックシートの使用方法
 (2)チェックシートの構成
 (3)チェックシートの実施結果の評価

8.リスクアセスメントのQ&A

【参考資料】

■危険性又は有害性等の調査等に関する指針について
■化学物質等による危険性又は有害性等の調査等に関する指針について
■労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針
■労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針の改正について

カテゴリー