安全衛生

改訂5版 労働安全衛生法の詳解

カテゴリー ー 安全衛生
著者
編者/編著者/編集 労働調査会出版局 編
監修
発行 労働調査会
発行日 2020-05-26
判型/頁数 A5判/1,078頁
本体価格 8,000円
送料 【1部 220円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-794-7
備考
制作
現在庫: 在庫有り

要約

労働安全衛生法は昭和47年に制定されて以来、職場の安全衛生に係る状況の変化に対応するため数次にわたって改正が行われています。本書は、第1編の総論で、労働安全衛生法の制定及び改正の経緯について紹介し、第2編では各条文についてできるだけ平易に、かつ体系的に詳細に解説したものです。
改訂5版では、受動喫煙防止措置の事業者の努力義務やストレスチェック制度、化学物質のリスクアセスメントの実施などに加え、「働き方改革関連法」に伴う安衛法改正(産業医・産業保健機能の強化、産業医の職務の追加、産業医の知識・能力の向上等をはじめ、医師による面接指導の徹底、長時間労働防止のための労働時間の状況の把握、高度プロフッショナル制度の対象労働者に対する面接指導)などを追加しています。

 

目次

■第1編 総論
第1章 戦前における労働災害と安全衛生法制
第2章 戦後における労働災害と安全衛生法制
第3章~15章 労働安全衛生法制定の経緯
(昭和52年、55年、58年、63年、平成4年、6年、8年、11年、15年、17年、26年、30年)

■第2編 逐次解説
第1章 総則
第2章 労働災害防止計画
第3章 安全衛生管理体制
第4章 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置
第5章 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
第1節 機械等に関する規制
第2節 危険物及び有害物に関する規制
第6章 労働者の就業に当たっての措置
第7章 健康の保持増進のための措置
第7章の2 快適な職場環境の形成のための措置
第8章 免許等
第9章 事業場の安全又は衛生に関する改善措置等
◇◇第1節 特別安全衛生改善計画及び安全衛生改善計画
第2節 労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント
第10章 監督等
第11章 雑則
第12章 罰則

カテゴリー