助成金・給付金制度

育児介護休業・休業給付取得ガイドブック

カテゴリー ー 助成金・給付金制度
著者 上野香織、津坂直子
編者/編著者/編集
監修
発行 労働調査会
発行日 2022-4-18
判型/頁数 A5判/200頁
価格 2,420円(税抜価格2,200円)
送料 【1部 330円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-914-9
備考
制作
現在庫: 在庫有り

要約

序章では、令和3年改正育児介護休業法等の最新改正法のポイントや
今話題となっているキーワードを取り上げ解説します。
続いて、本章として育児・介護それぞれの事務手続きをタイムスケジュール形式ないし
フローチヤート形式で紹介し、処理する事務項目ごとに手続きの仕方や
書類の書き方などを解説していきます。
他に、事務手続きの際に疑問となる代表例をQ&A形式で紹介・解説し、裁判判例から
トラブルになりやすい注意点を実例として取り上げ解説します。
本書は、給付金申請の仕方などの申請事務手続きの説明・解説をメインに取り上げています。
複雑で多岐にわたる申請事務手続きをスムーズに行うため、事務担当者の実用に耐えられる実務本にまとめました。

 

目次

序章
変わる育児や介護制度1、2、妊娠・出産から育児中に関する制度とフロー、介護に関する制度
1章 育児編(妊娠から育児復帰まで)
1-0 全体像
妊娠中の出勤から産前産後までの事務フロー
1-1 制度編
社員への育児休業の周知等とは、産前産後休業とは、妊娠中の通院や母性保護のための制度、育児休業とは、
育児休業から復帰した場合の勤務選択と利用できる制度概要、育児時間、所定労働時間の短縮措置、所定労働時間の免除、
時間外労働の制限、深夜業の免除、子の看護休暇 等
1-2 給付と社会保障編
出産したことでもらえる~出産育児一時金~、産休中にもらえる~出産手当金~、育児中にもらえる~育児休業給付金~、
産休中や育休中の負担を軽減~保険料免除~ 等
2章 介護編(仕事と介護の両立支援)
1-0 全体像
介護の始まりから仕事と介護の両立まで
1-1 制度編
介護休業とは、要介護状態とは、介護休業の手続きに関して、介護休業給付金、介護休暇、所定労働時間等の短縮等の措置、
所定外労働の制限、深夜営業の免除 等
3章 育児介護休業規程作成のポイント
育児介護休業規程作成のポイント、労使協定の準備のポイント、ハラスメント規程策定のポイント、Q&A 等
4章 トラブル対応のポイント-裁判例から
マタハラ等の対応、不利益取り扱いの禁止 等
附章 資料

以上

カテゴリー