賃金・退職金

改訂4版 最低賃金法の詳解

カテゴリー 労働基準法 ー 賃金・退職金
著者
編者/編著者/編集 労働調査会出版局 編
監修
発行 労働調査会
発行日 2016-01-28
判型/頁数 A5判/456頁
本体価格 3,700円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-524-0
備考
制作
現在庫: 在庫有り

要約

 最低賃金法の制定・施行の経緯から最新の改正内容まで、全般にわたって詳細に解説。法制度の内容は逐条で解説。産業構造の変化や就業形態の多様化に伴い、最低賃金制度を取り巻く環境が変化しその役割が増す中、労使関係者にも貴重な書。平成19年の大幅な法改正を盛り込んだ前回版に、その後に出された審議会報告などを追加。

目次

第一篇 最低賃金法の解説
 第一章 総則
 第二章 最低賃金
 第三章 最低賃金審議会
 第四章 雑則
 第五章 罰則
第二篇 最低賃金制の意義とその内容
 第一章 序説
 第二章 最低賃金制の意義
 第三章 最低賃金制の内容
 第四章 最低賃金制に関するILO条約
第三篇 最低賃金法の制定・施行の経緯と法改正
 第一章 中央賃金審議会の答申
 第二章 最低賃金法の制定
 第三章 最低賃金法の施行と運営
 第四章 昭和四三年の最低賃金法の改正
 第五章 昭和四三年法改正後の最低賃金制の歩み
 第六章 平成一九年の最低賃金法の改正
 第七章 平成一九年法改正後の動き
参考資料(関係法令、主要な審議会答申、ILO条約等)

カテゴリー