インフォメーション

インフォメーション

死亡者数は前年より27人増加し1057人

厚生労働省がまとめた平成26年の労働災害発生状況にとると、昨年1年間の労働災害による死亡者数は1057人となっており、前年(1030人)と比べ27人(2.6%)の増加となった。              死亡者数を業種別にみると、最も多いのは建設業の377人(全体の35.7%)、次いで、第三次産業259人(同24.5%)、製造業180人(同17.0%)、陸上貨物運送事業132人(同12.5%)の順となっている。
 次に、死傷災害(死亡災害及び休業4日以上の災害)についてみると、死傷者数は11万9535人となっており、 前年(11万8157人)と比べ1378人(1.2%)の増加となった。業種別にみると、最も多いのは第三次産業の5万2385人(全体の43.8%)、次いで、製造業2万7452人(同23.0%)、建設業1万7184人(同14.4%)、陸上貨物運送事業1万4210人(同11.9%)の順となっている。
 なお、死亡者数、死傷者数ともに2年ぶりの増加となった。

平成26年における死亡災害発生状況
業種 平成26年 平成25年 対25年比較
死亡者数(人) 構成比(%) 死亡者数(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
全産業 1,057 100.0 1,030 100.0 27 2.6
製造業 180 17.0 201 19.5 -21 -10.4
鉱業 13 1.2 8 0.8 5 62.5
建設業 377 35.7 342 33.2 35 10.2
交通運輸事業 17 1.6 16 1.6 1 6.3
陸上貨物運送事業 132 12.5 107 10.4 25 23.4
港湾運送業 5 0.5 6 0.6 -1 -16.7
林業 42 4.0 39 3.8 3 7.7
農業、畜産・水産業 32 3.0 29 2.8 3 10.3
第三次産業 259 24.5 282 27.4 -23 -8.2