インフォメーション

インフォメーション

2ヵ月間で3000件以上の相談が寄せられる~厚労省・「労働条件相談ほっとライン」等の相談結果~

厚生労働省は、去る11月1日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」と今年9月1日から平日夜間・土・日曜に実施している「労働条件相談ほっとライン」の相談結果をまとめた。
 それによると、「過重労働解消相談ダイヤル」には280件の相談が寄せられ、また、「労働条件相談ほっとライン」には約2ヵ月間(9月1日~11月1日)に3142件の相談が寄せられた。相談内容で特に多かったのが、賃金不払残業や長時間労働・過重労働に関するもので、それぞれ588件(うち過重労働解消相談ダイヤル147件)、444件(同178件)となっている。
 なお、同省では、これら寄せられた相談のうち、労働基準関係法令上、問題があると認められるケースについては、労働基準監督署に情報提供を行い、監督指導を実施するなどの対応を図ることとしている。