2024年07月17日 東京都+WEB
申込受付中

テーマ

「事例で考える、人事労務グレーゾーンへの対処法」(東京)
会場+WEB【ハイブリットセミナー】

講師 樋口 陽亮 弁護士

(杜若経営法律事務所)

 

 人事労務には適法・違法の境界線であるグレーゾーンが数多く存在します。労働基準法をはじめ労働法の条文には、要件について具体的な内容が書かれていない抽象的な規定が多いからです。
 採用面接で応募者にどこまで踏み込んだ質問をしてよいのか、業務時間中の喫煙やサボっていた時間は労働時間に含めなくてよいか、問題社員へ退職勧奨をしたらハラスメントといわれた、など日常の労務管理の中でグレーゾーンに出くわすことは多くあります。
 そういったグレーゾーンに対して通達や裁判例が解釈の方針を示してくれればよいのですが、すべての論点について解釈が出揃っているわけではないですし、裁判例によっては結論は異なっているものがあります。
 また、人事労務の分野は法改正も多いですし、社会情勢の変化にも影響を受けるため、日々新たなグレーゾーンが発生しています。
 今回は、企業が直面することの多い労働問題のグレーゾーンについて、使用者側の人事労務弁護士が解説します。

【講師略歴】
平成25年3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成27年3月 慶應義塾大学法科大学院卒業
平成27年9月 司法試験合格
平成28年12月 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)
       杜若経営法律事務所入所

企業の人事労務分野を専門とし、これまで労働組合・ユニオン対応や解雇訴訟、ハラスメント訴訟、未払い残業請求事件など、多数の労働事件について使用者側の代理人弁護士として幅広く対応。
・経営法曹会議会員
・東京税理士協同組合監事
主な著書
・「人事・労務トラブルのグレーゾーン70」(共著・労務行政)
・「就業規則の法律相談Ⅰ・Ⅱ」(共著・青林書院)
・「教養としての「労働法」入門」(共著・日本実業出版社)の他、専門誌での記事等

セミナー概要

講座名 「事例で考える、人事労務グレーゾーンへの対処法」(東京)
日時 2024年07月17日  13:30~16:30
会場 東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル10F KFC Hall & Rooms Room108
講師 弁護士 樋口 陽亮 氏
(杜若経営法律事務所)
講座内容 1 採用におけるグレーゾーン
2 賃金制度・労働時間管理におけるグレーゾーン
3 休業・休職におけるグレーゾーン
4 ハラスメント対応におけるグレーゾーン
5 解雇・退職勧奨におけるグレーゾーン

♦樋口弁護士に事前質問ができます!♦
[質問事項](代表的なものについてのみ取り上げますので、不採用の場合はご容赦ください。)【締切:7/5(金)】
受講料 一般のお客様:14,300円(税抜価格 13,000円)

ご購読者様の皆様:12,100円(税抜価格 11,000 円)
(※「労働基準広報」「先見労務管理」「労働安全衛生広報」「建設労務安全」ご購読者及びビジネススクール会員様が対象の価格となります)

※受講料は、消費税(10%)・テキスト・飲み物を含みます。
※ビジネススクール会員様の受講料の割引価格は、個人会員様は受講者1名様のみ、法人会員様は受講者3名様までの適用とさせていただきます。
※やむを得ずキャンセルの場合は2024年7月10日(水)までにご連絡ください。ご連絡をいただかずにご欠席の場合、テキスト等関係資料をご送付し、受講料を申し受けます。代理出席は受付いたします。

※見逃し配信期間:7月26日(金)~8月19日(月) 当日受講した方も出来なかった方も申込者は皆様視聴可能です!

※個人情報の取扱いについて
お預かり致しました個人情報は、セミナー開催に必要な情報の伝達及び当社事業・サービスのご案内、情報提供並びにお問合せへの対応に利用します。
詳細は弊社ホームページ「プライバシーポリシー」をご覧ください。
定員 -
申込方法 本講習は、ハイブリッドセミナーです。
会場での受講かオンラインでの受講(Zoom)かお選びできます。

◇「FAXでのお申込み」ボタンから申込書がご利用頂けますので、
 印刷頂いた申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。
◇また「HPからのお申し込み」フォームからも受付しております。

PDFを見る
支払方法 受付後、受講券と請求書・振込用紙をお送りいたします。開催日前日までにお振込みください。
ステータス 申込受付中

主催

株式会社労働調査会 東京支社

共催