2024年02月20日 大阪市+WEB
申込受付中

テーマ

実際の事案に基づいてリアルに学ぶ 問題社員対応の実戦講座 (大阪)
会場+WEB【ハイブリッドセミナー】


講師 野口 大 弁護士
(野口&パートナーズ法律事務所)


 今回のセミナーは、「事例・裁判例に学ぶ 解雇・雇止め・退職勧奨に関する諸問題」及び「採用から退職までの労務トラブルに役立つ就業規則の実戦的改良方法」を受講された方を対象に、さらによりリアルで高度な実戦対策を習得していただくためのセミナーです。
 
 武器を揃えて(就業規則を整備し)、武器の基本的使い方を知っていても(問題社員の基本的対応方法を知っていても)、実際に問題社員が出現した場合には、「どのイエローカードをどのタイミングで切るべきか」「注意指導書の内容をどのようにすれば効果的なのか」「具体的にどのタイミングでどの就業規則を使えばいいのか」等、戦い方についての実戦的ノウハウが必要となります。
また、「注意指導がパワハラだとして労災申請がある」「外部労働組合が介入してきた」等のトラブルに発展する場合もあり、その対処方法に精通しておく必要もあります。
 本セミナーでは、様々な問題社員の実例を紹介し、当事務所がどのように対処してきたかを解説することによって、問題社員への対応力強化を目指します。
 問題社員に対しての就業規則(武器)と基本的な対応法(使い方)を理解した方に、実戦で「勝てる戦い方」を伝授いたします。


【講師略歴】
 大阪府豊中市出身(昭和43年生まれ)
 昭和61年 京都大学法学部入学
 平成 2年 司法試験合格
 平成 3年 京都大学法学部卒業
 平成 5年 弁護士登録(大阪弁護士会)司法修習45期
 平成13年 ニューヨーク州コーネル大学ロースクール入学(LLM)
      労働法及びHuman Resource Management(人事労務管理理論)を履修
 平成14年 ニューヨーク州コーネル大学ロースクール卒業(法学修士)
      ニューヨーク州司法試験合格
 平成15年 ニューヨーク州弁護士登録・帰国
 平成19年 FM802監査役就任
 平成20年から21年 大阪弁護士会労働問題特別委員会副委員長 

セミナー概要

講座名 実際の事案に基づいてリアルに学ぶ 問題社員対応の実戦講座 (大阪)
会場+WEB【ハイブリッドセミナー】
日時 2024年02月20日  13:30~16:00
会場 大阪市/アートホテル大阪ベイタワー
講師 弁護士 野口 大 氏
(野口&パートナーズ法律事務所)
講座内容 1 他の社員に対する攻撃的言動等が多く、職場全体が疲弊していた事案
・注意指導書面作成→面談→誓約書呈示
・誓約書の記載を拒否した場合と休業命令
*誓約書の例
*休業命令

2 小規模なクリニックにおける看護師に対する退職勧奨
*退職勧奨は心理戦
*退職合意書の例

3 仕事をサボりがちで、客先からもクレームになっていた従業員
・想定される反論に対する再反論を準備して証拠化
・倉庫業務への配転
・団体交渉
*団体交渉への対応

4 問題点のつかみづらい問題社員
・注意指導書を出していたが効果がなく、むしろ逆効果
(書面を出せばいいというものではない)
・従業員らと面談して問題社員の問題点を整理
・降格、賞与不支給、残業禁止
*賞与不支給と就業規則について
*問題社員と残業について

5 試用期間中に、前職での悪評が判明した介護職員
・前職照会
・悪評が事実であることが判明すれば、それを根拠として本採用拒否
*前職照会の方法
前職照会しても正しい情報が開示されない場合はある

6 体調不良のほか、様々な理由をつけて欠勤が多い社員
・本人の体調不良がメインであれば休職に入れる
*休職規定の整備の重要性
・本人に体調不良以外が理由であれば、普通解雇を視野に最後の警告
*普通解雇の規程整備の必要性

7 横領が発覚
・実態の解明や引継ぎも重要
・退職して調査協力、弁償をするのであれば刑事告訴はしないと合意
*横領事案の一般的対処方法

8 管理職の部下への対応が悪く、退職者が複数発生している事案
・降職で対応
*パワハラか否か
*降格と降職の違い

9 その他
受講料 一般のお客様:14,300円(税抜価格 13,000円)
ご購読者様ならびに会員の皆様:12,100 円(税抜価格 11,000 円)
(※「労働基準広報」「先見労務管理」「労働安全衛生広報」「建設労務安全」ご購読者様、
 及び、ビジネススクール会員様が対象の価格となります)


※ ビジネススクール会員様の受講料の割引価格は、個人会員様は受講者1名様のみ、法人会員様は受講者3名様までの適用とさせていただきます。
※ 見逃し配信期間:2/27(火)~3/12(火)
  当日受講した方も受講できなかった方も、申込者は全員視聴可能です!

お申し込みは、下記①②のセミナーを両方とも受講(視聴)いただいた方に限らせていただきます。未受講の方はぜひこの機会にお申し込み下さい。

①2023年8月2日開催
「事例・裁判例に学ぶ 解雇・雇止め・退職勧奨に関する諸問題」
問題社員の基本的な実務対応を解説しています。
一般のお客様:14,300円(税抜価格 13,000円)
ご購読者様ならびに会員の皆様:12,100 円(税抜価格 11,000 円)

②2023年11月21日開催
「採用から退職までの労務トラブルに役立つ就業規則の実戦的改良方法」
問題社員対策の就業規則を修正前と修正後で解説しています。
一般のお客様:14,300円(税抜価格 13,000円)
ご購読者様ならびに会員の皆様:12,100 円(税抜価格 11,000 円)

①と②の録画配信は2024年2月5日(月)~3月12日(火)となっております。
上記を含めて3つのセミナーを受講することで、問題社員への実戦的対応法をコンプリートできるといっても過言ではありません。この三部作で問題社員対応のスキルを習得してください。


※本講座内容の取扱いについて
・労働組合関係者或いは労働者側で相談に応じたり労働者側で対応する可能性のある方の参加は
 原則お断りします。
・本講座の資料および配信映像についての複製 、録画 、録音 、撮影など、二次利用は一切禁止です。
・本講座資料の利用については、受講者の方による受講のみの利用に限ります 。商用目的の利用 、他者への提供、SNSへのアップを含むインターネット上での公開は固くお断りいたします。
・上記が確認された際は、弊社のサービスのご利用の停止等の措置をとらせていただく可能性があります。
※キャンセルについては2月13日(火)までにご連絡ください。
定員 -
申込方法 下記の申込PDFファイルに必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みいただくか、『本セミナーのお申し込み』から入力フォームに入力の上ご送信ください。 PDFを見る
支払方法 受付後、請求書と振込用紙を郵送いたします。開催日前日までにお振込みください。
ステータス 申込受付中

主催

株式会社労働調査会 関西支社

共催