健康管理・産業保健

企業のメンタルヘルスを強化するために -「従業員支援プログラム」(EAP)の活用と実践-

カテゴリー ー 健康管理・産業保健
著者
編者/編著者/編集 森晃爾、Dale A.Masi、市川佳居、丸山崇 著
監修
発行 労働調査会
発行日 2011-10-11
判型/頁数 A5判/168頁
本体価格 1,800円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-163-1
備考
制作
現在庫: 在庫無し
買物かごへ入れる

要約

企業がメンタルヘルス対策を実施するための有効な手段として「従業員支援プログラム」(EAP)の活用が叫ばれている。しかし、実際に企業がEAPを上手に活用するためには、いくつかポイントを押さえておく必要がある。本書では、EAPとは何かを正しく理解するために、■EAPの背景から、EAPで何かできるのかといったサービス内容やオプション、■企業のニーズにあったEAPを選ぶためのポイント(どんなEAPを選べばよいか、■よいEAPとは、費用対効果といった視点)を収録した。

【目次】

序章 難局を乗り越え、活力ある企業を取り戻すために!

パートI

第1章 従業員支援プログラム(EAP)の定義と歴史
第2章 EAPの必須のプログラム
第3章 EAPのオプションプログラム

パートII

第4章 産業保健体制とEAP機関の利用
第5章 EAPの評価方法
第6章 日本におけるEAP機関の認証制度について(日本版COA)
第7章 EAPの効果測定

おわりに

巻末資料「災害時のこころのケア―被災者・支援者の方へ―」

カテゴリー