安全衛生

改訂 化学物質取扱いマニュアル

カテゴリー ー 安全衛生
著者
編者/編著者/編集 インダストリアル・ハイジニスト 亀井 太 著
監修
発行 労働調査会
発行日 2013-04-25
判型/頁数 A5判/144頁
本体価格 1400円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-348-2
備考
制作
現在庫: 在庫無し
買物かごへ入れる

要約

GHS(化学品の分類及び表示に関する世界調和システム)及び表示・文書交付制度(厚生労働省)に対応した実務書。
初版発行後の法令改正に基づく解説を現時点での内容に改訂するとともに、毒性分類に関する記述を詳細なものに改訂した。化学物質の有害性・危険性から身を守る方法をやさしく、わかりやすく解説している。
GHSで使用される絵表示解説や図表示早見表は巻頭カラー図版で紹介。

【目次】

<巻頭カラー図版>
資料1 GHSに使用される絵文字解説
資料2 国連危険物の輸送に関する勧告モデル規則
資料3 図表示早見表

I 身近な化学物質に関する知識と管理方法

1.化学物質の危険性・有害性とは
1-1.化学物質はなぜ危険か
1-2.化学物質の効果と作用
1-3.化学物質による健康障害・事故をどうやって防ぐか
1-4.化学物質の有害性について
1-5.化学物質の有害性・危険性の定義と絵文字の例

2.実際の問題発生事例とその解決法

2-1.塩素系洗剤と酸性洗剤の混合使用で呼吸困難に
2-2.天井塗装作業で有機溶剤中毒に
2-3.練炭コンロ燃焼で一酸化炭素中毒に
2-4.スプレー缶の穴開け作業で爆発
2-5.スプレー使用後の火気使用で爆発

3.身近な化学物質の日常管理のポイント

3-1.化学物質の日常管理
3-2.身のまわりにある化学物質
3-3.化学物質からかしこく身を守るには
II 図解で見る実際の化学製品の表示とその読み方

4.化学品の表示の読み方

4-1.図表示とは
5.主な化学物質の表示例

参考資料1 化学物質等の表示・文書交付制度の概要
参考資料2 GHS附属書7 GHSラベル要素の配置例
●参考文献等
●関係団体・問い合わせ先
●索引

カテゴリー