安全衛生

主なき安全~リスクアセスメントの暴走~

カテゴリー ー 安全衛生
著者
編者/編著者/編集 濵田 勉 著
監修
発行 労働調査会
発行日 2010-05-20
判型/頁数 A5判/268頁
本体価格 1,500円
送料 【1部 216円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-131-0
備考
制作
現在庫: 在庫有り

八重洲ブックセンター・フロア別週間売上11位にランクイン

要約

手法論だけが先行している感のあるリスクアセスメント。手段手法を入口としているところから誤解が始まっています。リスクアセスメントを正しく導入、展開するためには、「リスクの概念」を正しく理解することが第一歩なのです。本書は、これまでのようなマニュアル重視のHow To本とは一線を画し、リスクアセスメントの本質をあまねく解説しています。人の命に関わることだから、今こそ真剣に安全を考えるときです。閉塞感を感じている方々に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

【目次】

1 素朴な疑問 ~何気なくやっていること~

張り紙
マニュアルなど
チェックリスト
不注意
「伝える」と「伝わる」

2 ゼロイチからの脱却

モータースポーツ
知るということで気づいて傷ついて
「健診」と「検診」
標準化の功罪

3 ものがたりとプロセス

桃太郎のプロセスへの疑問
従来活動はプロセスを評価していない

4 天動説から地動説へ

統計から考える
無災害継続は、安全の証にはならない
危険感受性って何?
ルールの遵守と徹底?
ところで「安全」とは何?
世の中は危険しかないのか?
「安全」と「安心」
安全が確認された証 ~リスクアセスメント入口の壁~

5 リスクアセスメント

リスク≠危険 ~日本のDNA?~
災害にもシナリオがある
言葉を大切に ~用語の定義~
危険源
危険状態
危険事象
回避の可能性
危害 ~シナリオの結果~
「発生確率」と「ひどさ」を組み合わせる
リスクをアセスメントする ~思想の転換~

6 リスクアセスメントの誤解

シナリオを描く前に
評価表に記入することが仕事?
「KY」や「ヒヤリ・ハット」
ハード対策までがセット化されて
災害のシナリオで対策の効果を確認
対策!完了! ~日本のDNA?~
完了がないから妥当性を主張
できない言い訳より、できる方策

7 包括的な考え方へ

えせコンプライアンス
ISOの誤解
リスクという考え方を軸として
リスクアセスメントで何を実現するのか
悪い情報は隠れる
安全配慮義務
従来の災害防止活動との整理
反省 ~「安全第一」と「判断」~
反省 ~時間軸の本質安全化のために~
反省 ~本質安全化・部品は商品~
プライドとの戦い
QCDSME&コンプライアンスは総合的に
決意 ~トップの決意 方針表明~
かなえる夢 ~確からしさの向上~

■寄稿集

すれ違う言葉・噛み合わない心 ~言葉の理解から心の理解へ~
スローワークを考える ~考えることをやめないために~
一生懸命やらないこと
葉桜の季節から
実現する夢
デジタルからアナログへ ~失われたことを取り戻すために~
昔話とリスクアセスメント
遠い夏の想い出 ~失った「自然」を求めて~
かなえる夢 ~確からしさの向上~
『想い』 ~世界遺産に通ずるもの~

■あとがき
■発刊にあたって

カテゴリー