現在庫のない書籍リスト

新 労働基準法実務問答 第5集

カテゴリー ー 現在庫のない書籍リスト
著者
編者/編著者/編集 労働調査会出版局 編著
監修
発行 労働調査会
発行日 2012-10-15
判型/頁数 B6判/196頁
本体価格 1,400円
送料 【1部 220円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN 978-4-86319-290-4
備考
制作
現在庫: 在庫無し
買物かごへ入れる

要約

労働基準法の賃金・割増賃金・休業手当・その他に関する項目についてQ&A方式でわかりやすく解説。全45問中には、人事担当者が日常的に遭遇しやすい実務上の問題を厳選して収録。疑問解消への手助けとなる図表を盛込み、全問イラストを掲載。

【目次】

第一章 賃  金

1 賃金項目、どこまで就業規則に記載するのか
2 賃金締切日との関係で、残業手当のみ後日払い可能か
3 男女間で賃金に差があるが適法か
4 喧嘩相手への見舞金も非常時払いの対象か
5 連絡とれない社員の残余の賃金の支払いはどうする
6 直接払いの例外とされる「使者」とは
7 年休取得日の通勤費を不支給とできるか
8 年休の未消化に比例した賞与の加算は違法なのか
9 社員時の年休を嘱託となった後に取得、賃金はどうする
10 退職者に改定賃金との差額を支払うべきか
11 賞与支給遅れたが「支給日在籍」の解釈は
12 年俸制なら賃金を毎月支払わないでよいか
13 携帯電話の業務上使用に対し手当支払うが賃金なのか
14 フレックスの導入で精皆勤手当廃止できるか
15 家族手当、住宅手当も賃金カットの対象とできるか

第二章 割増賃金

16 割増賃金単価の時間端数はどうする
17 三カ月ごとの皆勤手当なら基礎から外せるのか
18 作業内容で時給が異なるが割増賃金の単価は
19 代休与えれば割増賃金必要ないのか
20 一日八時間以内の残業に割増賃金必要か
21 残業中の仮眠時間にも割増賃金必要か
22 年休日に出勤した場合の割増賃金どうなる
23 新人への学科教育も時間外労働か
24 予定時間超えた研修会の割増賃金は
25 停電で終業時刻繰り下げたが割増賃金は
26 清算期間半ばで総労働時間に到達したが
27 年俸制で割増賃金を含め支給、さらに支払う義務あるのか
28 清算期間をまたぐ振替休日で割増賃金は
29 別の手当に残業割増分を含めてよいか
30 夜半緊急に呼び出した際の割増賃金は
31 宿直勤務中に急病人、割賃の支払い必要か
32 深夜割増賃金を定額で支払ってよいか
33 時間外が三割増しなら深夜加算は五割五分か
34 三割五分の対象となる法定休日の特定は

第三章 休業手当

35 就業制限で休業手当の支給は必要か
36 結核にかかり休職処分、休業手当必要か
37 午前中で業務打ち切り、休業手当の計算は

第四章 その他

38 降格処分で八分の一の賃金減額も適法か
39 解雇予告手当の支払場所は会社でよいのか
40 解雇予告手当を給料日に支払ってよいのか
41 宿日直手当の「三分の一」の計算どうする
42 年俸制の場合の平均賃金の算定方法はどうなる
43 歩合給と最低賃金額との比較どうする
44 勤務先が倒産、未払賃金は支払ってもらえるのか
45 勤務先に強制的に未払賃金を支払わせられるか

カテゴリー