安全衛生

労働安全衛生法実務便覧 改訂22版

カテゴリー ー 安全衛生
著者
編者/編著者/編集 労働調査会出版局 編
監修
発行 労働調査会
発行日 2021-05-14
判型/頁数 A6判/616頁
価格 1,936円(税抜価格1,760円)
送料 【1部 330円税込】
ご注文の合計部数により料金を設定しています。詳細はこちらまで
ISBN
備考
制作
現在庫: 在庫有り

要約

令和3年3月15日現在の労働安全衛生法及び労働安全衛生法施行令の全条文を収録。主な改正点は次のとおり。
改訂22版では、労働安全衛生法施行令の一部改正により、特定化学物質に新しく「溶接ヒューム」が追加され、溶接ヒューム及び塩基性酸化マンガンに係る作業を行うときは、新たに作業主任者の選任、作業環境測定の実施(塩基性酸化マンガンに係る業務に限る)及び特殊健康診断の実施が必要となりました。

主な改正内容
【労働安全衛生法施行令】

(作業主任者を選任すべき作業)
第6条第18号 「34の2」を「34の3」に改める。

(作業環境測定を行うべき作業場)
第21条第7号 「特定化学物質」の下に「(同号34の2に掲げる物及び同号37に掲げる物で同号34の2に係るものを除く。)」を加え、「34の2」を「34の3」に改める。

(健康診断を行うべき有害な業務)
第22条第1項第3号 「34の2」を「34の3」に改める。

別表第3(特定化学物質)
第2類物質のうち、33の「マンガン及びその化合物」(塩基性酸化マンガンを除く)を削除。新たに、34の2として「 溶接ヒューム」が追加された。それにより、従来の「34の2」を「34の3」に改められた。

別表第9(名称等を表示し、又は通知すべき危険物及び有害物)
新たに、530の2として、「ベンジルアルコール」が追加された。

【目 次】
労働安全衛生法
第一章 総則(第一条-第五条)
第二章 労働災害防止計画(第六条-第九条)
第三章 安全衛生管理体制(第十条-第十九条の三)
第四章 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置(第二十条-第三十六条)
第五章 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制(第三十七条-第五十八条)
第一節 機械等に関する規制(第三十七条-第五十四条の六)
第二節 危険物及び有害物に関する規制(第五十五条-第五十八条)
第六章 労働者の就業に当たっての措置(第五十九条-第六十三条)
第七章 健康の保持増進のための措置(第六十四条-第七十一条)
第七章の二 快適な職場環境の形成のための措置(第七十一条の二-第七十一条の四)
第八章 免許等(第七十二条-第七十七条)
第九章 事業場の安全又は衛生に関する改善措置等(第七十八条-第八十七条)
第一節 特別安全衛生改善計画及び安全衛生改善計画(第七十八条-第八十条)
第二節 労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント(第八十一条-第八十七条)
第十章 監督等(第八十八条-第百条)
第十一章 雑則(第百一条-第百十五条の二)
第十二章 罰則(第百十五条の三-第百二十三条)
附則
別表

労働安全衛生法施行令

附録

カテゴリー