★働く・仕事を考えるシリーズ

なぜ部下は思い通りに動かないのか

カテゴリー ビジネス・経営 ー ★働く・仕事を考えるシリーズ
著者 産業カウンセラー 中小企業診断士 市岡 久典 著
編者/編著者/編集
監修
発行 労働調査会
発行日 2012-07-31
判型/頁数 新書判/256頁
本体価格 900円
送料(1冊分) 216円
ISBN 978-4-86319-279-9
備考
制作
現在庫: 在庫有り

日本セルフエンカレッジ協会HPへ
ページサンプルはこちら

要約

部下は自分を受け止め、認めてくれる上司にこそ心を開き、やる気を発揮する。そしてこうした部下への対応は、上司自身が自分のストレスに適切に対処することと表裏一体である。傾聴力・観察力・かかわり力・承認力・質問力・コーピング力の6つの力を軸に、心理学の理論や数多くの事例を紹介しながら、部下のやる気を引き出すコミュニケーションと上司自身のストレスコントロールの手法を解説する。

【目次】

はじめに

第1章 部下の本音とやる気を引き出す6つの力

1 人は思い通りに動かない
2 他人と過去は変えられない。しかし……
3 部下の本音とやる気を引き出す
4 楽しませるor不安にさせるor怖がらせる
5 理想の上司
6 部下の本音とやる気を引き出す6つの力

第2章 部下は本音を話していますか? ~傾聴力

1 相手の話に耳を傾けることが求められる
2 傾聴力と話を聴くときのポイント
3 ペースを合わせる
4 相手の話を遮らない
5 目は口ほどにものを言う
6 プレッシャーを与えない位置
7 愚痴は聞かない方がいい?
8 カタルシス効果
9 キャッチボールとドッジボールの違い
10 他の人に聴いてもらう
11 話を聴くときに最も大切なこと

第3章 部下はサインを出している~観察力

1 部下はサインを出している
2 優れたトップの観察力
3 キャリブレーション
4 視線に注意?
5 ちゃんと観ようという意識から

第4章 相手の心を開く/閉じるかかわり方~かかわり力

1 かかわり力が低下している?
2 自分に関心を寄せてくれる人に関心を寄せる
3 事例・マイナスのストローク
4 無関心が最もつらい
5 3匹のネズミ
6 条件付きストローク・無条件のストローク
7 ストローク銀行
8 マイナスのストロークは不要?

第5章 「OK牧場」でオールOK? ~承認力

1 「どんなときにやる気になりますか?」
2 OK牧場
3 自己重要感が満たされることで人は動く
4 期待をかけられるとやる気が出る
5 ダメだと決めつけていないか

第6章 追い詰める質問と未来を開く質問~質問力

1 質問をすればいい?
2 過去を問う質問と未来を問う質問
3 チャンクアップ、チャンクダウン
4 否定しない
5 一緒に考える姿勢
6 命令よりも質問で
7 自分の気持ちに余裕を持つ

第7章 イライラを部下にぶつけていませんか? ~コーピング力

1 感情をコントロールして部下のモチベーションを上げる
2 自分の気持ちや感情に対処する
3 マネジメントも感情労働
4 心を整える

第8章 こんなやりとりに陥っていませんか?

1 不毛なコミュニケーションのパターン
2 「そうですね。でも……」ゲーム
3 ああ言えばこう言うゲーム
4 トラブルメーカー
5 仕事を抱え込んでしまう
6 「あなたのせいで……」ゲーム
7 「こんなにかわいそうな私」のゲーム
8 ディスカウント
9 ダメな私のゲーム
10 自分がゲームを仕掛けていないか
11 なぜベストを尽くさないのか
12 「あなたのために」のゲーム
13 「さあ、捕まえたぞ」のゲーム

第9章 自分の心を大切にする

1 ストレスの要因
2 ストレス状態を把握する
3 ストレスの受け取り方を変える~リフレーミング
4 自分自身を認める
5 メンターを持つ

第10章 自分自身のやる気を引き出す

1 やる気は落ちることもある
2 何のための仕事か
3 ビジョンを明確にする
4 あなたの動機は?
5 やる気スイッチ
6 「やりましょう」
7 楽しみを見つける
8 朱に交わって赤くなろう
9 6つの力を自分に適用する

あとがき

カテゴリー