インフォメーション

インフォメーション

26年度新卒者の内定取消した企業のうち2社を公表~厚労省・職安法施行規則に基づく企業名公表~

厚生労働省は、職業安定法施行規則に基づき、平成27年3月に大学や高校を卒業して4月に就職予定だった新卒者の採用内定取消しを行った企業のうち、2社の企業名を公表した。
 企業名公表となったのは、「株式会社日比谷情報サービス」(東京都港区新橋、情報処理業)と「pico la mano」(鳥取県米子市冨士見町、美容業)の2社。両社は、事業活動の縮小を余儀なくされているものとは明らかに認められないときに内定取消しを行い(「株式会社日比谷情報サービス」は27年3月2日に高校生1人、「pico la mano」は27年3月20日に専修学生1人)、内定を取り消された者の就職先の確保に向けた支援を行わなかった。
 なお、同制度による企業名公表は今回が7度目で、公表企業は今回の2社を含め計25社となった。