インフォメーション

インフォメーション

4年ぶりに増加し7415件~26年・業務上疾病発生状況~

厚生労働省は、平成26年の業務上疾病の発生状況をまとめた。それによると、昨年1年間に発生した休業4日以上の業務上疾病(26年中に発生した疾病で27年3月末日までに把握したもの)は7415件となっており、前年(7310件)と比べ105件(1.4%)増加し4年ぶりの増加となった。
 疾病分類別にみた発生件数は、「負傷に起因する疾病」が5445件(全体の73.4%)と最も多く、次いで、「異常温度条件による疾病」619件(同8.3%)、「じん肺症及びじん肺合併症(休業のみ)」263件(同3.5%)、「病原体による疾病」202件(同2.7%)、「化学物質による疾病(がんを除く)」201件(同2.7%)の順となっている。 
 また、業種別の発生件数をみると、「保健衛生業」が1715件(全体の23.1%)と最も多く、次いで、「製造業」1459件(同19.7%)、「商業・金融・広告業」1277件(同17.2%)、「運輸交通業」860件(同11.6%)、「建設業」705件(同9.5%)の順となっている。