インフォメーション

インフォメーション

プラチナくるみん認定企業が2ヵ月で11社に~厚労省・改正次世代法の5月末の施行状況~

厚生労働省は、今年4月から始まった改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(通称・プラチナくるみん認定)の5月末までの状況をまとめた。それによると、プラチナくるみん認定企業は全国で11社(うち2社は4月中の認定。4月24日版既報)となっている。
 プラチナくるみん認定制度は、「子育てサポート企業」(仕事と子育ての両立支援に積極的な取組みをしている企業)として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、より高い水準の取組みを行った企業が受けられるもので、今年4月1日施行の改正次世代法により創設された。
 5月に認定された9社は、「株式会社イトーヨーカ堂」(東京都)、「住友商事株式会社」(東京都)、「T&Dフィナンシャル生命保険株式会社」(東京都)、「日本放送協会」(東京都)、「株式会社リコー」(東京都)、「一正蒲鉾株式会社」(新潟県)、「小浜信用金庫」(福井県)、「ネスレ日本株式会社」(兵庫県)、「富士通テン株式会社」(兵庫県)。