インフォメーション

インフォメーション

26年度の総実労働時間は3年連続で減少し1742時間

厚生労働省が発表した平成26年度(平均)の毎月勤労統計調査結果(確報)によると、規模5人以上の事業所における月間現金給与額は31万5984円(対前年度比0.5%増)となっている。そのうち決まって支給する給与は26万590円(同0.0%)、所定内給与は24万926円(同0.2%減)、所定外給与は1万9664円(同1.6%増)となっている。賞与・一時金にあたる特別に支払われた給与は5万5394円(同3.1%増)となっている。            
 次に、労働時間についてみると、規模5人以上の事業所の月間総実労働時間は145.2時間、うち所定内労働時間が134.2時間、所定外労働時間が11.0時間となっている。月間総実労働時間を12倍した年換算の総実労働時間は1742時間となり、前年度(1748時間)と比べ6時間減少し3年連続の減少となった。