インフォメーション

インフォメーション

26年度の障害者の就職件数は過去最高の8万4602件~厚生労働省まとめ~

厚生労働省がまとめた平成26年度における障害者の職業紹介状況によると、ハローワークを通じた障害者の就職件数は対前年度比8.6%増の8万4602件となり、5年連続で過去最高を更新した。また、新規求職申込件数は対前年度比5.7%増の17万9222件となっている。
 障害の種別の職業紹介では、身体障害者は、新規求職申込件数が6万5265件(対前年度比2.1%減)、就職件数が2万8175件(同0.5%減)、知的障害者は、新規求職申込件数が3万2313件(同4.2%増)、就職件数が1万8723件(同6.1%増)、精神障害者は、新規求職申込件数が7万3482件(同13.2%増)、就職件数が3万4538件(同17.5%増)となっている。
産業別の就職件数では、「医療・福祉」が最も多く2万9453件(全体の34.8%)、次いで、「製造業」1万1373件(同13.4%)、「卸売業・小売業」1万1360件(同13.4%)、「サービス業」9010件(同10.6%)の順となっている。