インフォメーション

インフォメーション

地域の工夫による新たな訓練事業に9道府県を決定~27年度・地域創生人材育成事業の採択地域~

厚生労働省は、今年度新たに開始した「地域創生人材育成事業」の採択地域として、北海道、富山県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、鳥取県、山口県、宮崎県の9道府県を決定した。
 同事業は、人手不足分野を抱えている地域において、従来の公的職業訓練の枠組みでは対応できない、地域の創意工夫を生かした人材育成の取組みを支援するもの。事業は、都道府県から提案をうけた事業計画の中から、効果が高いと見込まれる取組みをコンテスト方式で選定し、年間3億円を上限に最大3年間、新たな人材育成プログラムの開発を都道府県に委託して行う。
 今年度は、今年2月から3月にかけて事業計画の募集を行い、外部の有識者を含む評価委員会で審議した結果、9道府県を採択した。なお、採択された9道府県の事業計画は、順次、実施される予定。