インフォメーション

インフォメーション

平成27年「勤労青少年の標語」が決まる

厚生労働省はこのほど、平成27年「勤労青少年の標語」に、京都府在住の吉川長命(よしかわ ちょうめい)さん(37歳)の作品を決定した。
 「勤労青少年の標語」は、働く若者が充実した職業生活を営むとともに、主体的、積極的に社会の一員として活躍することができるよう、また、そうした若者の努力に対して社会一般から支援を得られるよう、勤労青少年、勤労青少年福祉行政関係者、勤労青少年団体などが行う活動の指針として定めるもの。
 標語は、毎年公募を行い、その中から選定している。27年は、全国から3430作品の応募があり、審査の結果、吉川さんの作品「ひたむきな 努力が拓く 明日の夢」が選ばれた。吉川さんは、作品の想いについて、「夢を持ち、その実現に向けて努力する。その繰り返しは、日常生活でも仕事でも大切なことです。標語に触れる皆様も、自分の描いた夢に向かって努力してください。努力は必ず報われます。」としている。

<平成27年 勤労青少年の標語>
 ひたむきな 努力が拓く 明日の夢