インフォメーション

インフォメーション

最優秀技能選手団賞は愛知県が10大会連続獲得~第52回技能五輪全国大会が閉幕~

さる11月28日から12月1日までの4日間にわたって、愛知県の名古屋市中小企業振興会館を主会場に開催された「第52回技能五輪全国大会」が閉幕し、大会最終日の12月1日、愛知県体育館(名古屋市中区二の丸)において、閉会式及び成績優秀者に対する表彰が行われた。
 今大会には、41の競技職種に1200人の選手が参加し、日頃の訓練で培った高度な技を競い合った。各職種の優勝者には厚生労働大臣賞が、入賞者全員には主催者賞が授与された。
 最も成績が優秀だった都道府県選手団に授与される最優秀技能選手団賞(厚生労働大臣賞)は愛知県選手団が獲得した。愛知県選手団の同賞獲得は10大会連続。このほか、優秀技能選手団賞(厚生労働省職業能力開発局長賞)は神奈川県選手団、茨城県選手団、東京都選手団、中央職業能力開発協会会長賞は埼玉県選手団、長野県選手団、兵庫県選手団、全国技能士会連合会会長賞は新潟県選手団、静岡県選手団、広島県選手団がそれぞれ獲得した。また、今回の大会において、女性選手の活躍が顕著だった愛知県選手団に技能五輪・アビリンピックあいち大会2014推進協議会会長賞が授与された。