インフォメーション

インフォメーション

大学で32%、高校では40%の新卒者が3年以内に離職~厚労省・23年3月卒業者を対象に集計~

厚生労働省は、「新規学卒者の離職状況(平成23年3月卒業者の状況)」をまとめた。
 それによると、新規学卒者の卒業後3年以内の離職率は、大学卒が32.4%(前年比1.4ポイント増)、短大等卒が41.2%(同1.3ポイント増)、高校卒が39.6%(同0.4ポイント増)、中学卒が64.8%(同2.7ポイント増)となっている。
 また、事業所規模別にみた卒業後3年以内の離職率では、大学卒は、1000人以上規模が22.8%(前年比1.1ポイント増)、500~999人規模が28.7%(同0.5ポイント増)、100~499人規模が32.1%(同1.1ポイント増)、30~99人規模が39.6%(同1.3ポイント増)、5~29人規模が51.4%(同1.1ポイント増)、5人未満規模が60.4%(同0.7ポイント減)となっている。同じく、高校卒は、1000人以上規模が20.0%(前年比0.7ポイント増)、500~999人規模が28.2%(同0.1ポイント増)、100~499人規模が36.8%(同0.5ポイント増)、30~99人規模が47.2%(同0.2ポイント減)、5~29人規模が58.2%(同0.9ポイント増)、5人未満規模が67.6%(同1.0ポイント増)となっている。
 産業別にみた卒業後3年以内の離職率では、大学卒は、最も高いのは、「宿泊業、飲食サービス業」の52.3%(前年比1.3ポイント増)、次いで、「生活関連サービス業、娯楽業」48.6%(同3.2ポイント増)、「教育・学習支援業」48.5%(同0.4ポイント減)、「小売業」39.4%(同1.7ポイント増)、「医療、福祉」38.8%(同1.1ポイント増)の順となっている。同じく、高校卒は、最も高いのは、「宿泊業・飲食サービス業」の66.9%(前年比0.3ポイント増)、次いで、「教育・学習支援業」65.7%(同5.6ポイント増)、「生活関連サービス業・娯楽業」62.6%(同0.5ポイント増)、「小売業」53.3%(同3.3ポイント増)、「建設業」48.5%(同1.7ポイント増)となっている。
一方、厚生労働省が発表した平成26年9月分の一般職業紹介状況によると、有効求人(季調値)は前月と比べ1.0%減となり、有効求職者(同)は0.2%減となった。そして、有効求人倍率(季調値)は前月を0.01ポイント下回る1.09倍となった。また、正社員有効求人倍率(季調値)は前月を0.01ポイント下回る0.67倍となっている。新規求人倍率(季調値)は前月を0.05ポイント上回る1.67倍となっている。