インフォメーション

インフォメーション

違反率は前年を1.1ポイント上回る10.7%~26年・最賃履行確保を主眼とした監督結果~

厚生労働省は、今年1月~3月にかけて実施した最低賃金の履行確保を主眼とした監督指導の結果をまとめた。それによると、違反率は前年を1.1ポイント上回る10.7%となり、現在の集計方式となった平成19年以降では最も高くなっている。

同省では、毎年定期的に、最低賃金の履行状況に問題があると考えられる事業場を対象とした監督指導を実施している。平成26年は1万3975事業場を対象に行い、そのうち、最低賃金額以上の賃金を支払っていない事業場は1491事業場となっている(違反率10.7%)。

業種別の違反率(監督実施事業場数が100以上の業種に限る)をみると、最も高いのは製造業の12.6%、次いで、接客娯楽業11.3%、保健衛生業9.5%、清掃・と畜業9.4%、商業8.7%の順となっている。

また、法違反事業場の認識状況をみると、「金額は知らないが、最賃が適用されることを知っている」が51.5%と最も多くなっている。